ビジネスレザーファクトリーの品質ってどう?口コミから見てみよう

シンプルな革小物が沢山売っているビジネスレザーファクトリー。

ブランド名の通り、ビジネスマンにぴったりなシンプルで使いやすいアイテムが多く揃っています。

そんなビジネスレザーファクトリーですが、品質はどうなのでしょうか?

やはり会社に持っていくアイテムは同僚や取引先に見られます。

余りに品質の低い物はもちたくありませんよね?

そこで、ビジネスレザーファクトリーの品質について見ていきたいと思います。

★素材について

素材に関してはビジネスレザーファクトリーのアイテムは牛革が使われています。(合皮などではなく天然の牛革です。)

牛革の特徴としては、丈夫で加工もしやすい事から革製品に非常に多く使われています。

しかし、牛革といっても品質にはピンからキリまであります。

ビジネスレザーファクトリーの牛革は物凄く品質が良いとは言えるものではありません。

しかし、ビジネスレザーファクトリーの値段に対する品質という事であれば、非常に品質が高いと言えるでしょう。

ビジネスレザーファクトリーの革質はコスパ最高!

★縫製や加工技術に関して

ビジネスレザーファクトリーの革小物はバングラディッシュという国で作られています。

バングラディッシュは国として決して豊かな国という訳ではありません。

人口は1億6,000万人程度という事で、日本より多いですが、経済の水準は低いです。

ビジネスレザーファクトリーの製品はバングラディッシュの就労問題の支援という面もあります。

そしてバングラディッシュ人は手先が器用だともいわれています。

例えば日本の一流の職人の腕に及ぶ腕と言えば違うでしょうが、やはりビジネスレザーファクトリーの値段を考えると、とても丁寧なつくりをされていると言えるのではないでしょうか?

また、バングラディッシュは親日国としても知られており、国旗も日本のそれに近いものがあります。

ジネスレザーファクトリーの製法や加工技術もコスパが良いという事が言えますね。

そして、バングラディシュの就労支援ともなります。

★経年変化(エイジング)に関して

革製品を楽しむポイントの一つに経年変化(エイジング)が挙げられます。

徐々に使っていくと表情が変わってくるエイジングの楽しみは最高ですよね。

ビジネスレザーファクトリーのエイジングは良い感じになるのでしょうか?

結論から言うと、ビジネスレザーファクトリーは控え目なエイジングになります。

ビジネスレザーファクトリーの製品を見ると

  • 鞣し方が「クロムなめし」
  • 着色方法が「顔料仕上げ」

という事がわかります。

これらの方法で作られたアイテムは経年変化が少ないのです。

勘違いして欲しくないのはだからと言って品質が悪いという訳ではありません。

あくまでも経変変化が少ない加工方法というだけです。

またこれらの仕上げは「メンテナンスの手間が省ける」というメリットもあります。

エイジングが楽しめるアイテムはメンテナンスに関しても手間がかかる場合が多々あります。

なので、ビジネスレザーファクトリーのアイテムはメンテナンスの手間が省けるといった意味でもとても良いのではないかと思います。